木造3階建住宅塗装3(大阪市)

2012年4月 4日 Posted in 外壁 Posted in 戸建住宅 Posted in 屋根 Posted in 木部

DCIM0035.JPG

窯業系サイディングボードの継ぎ目のシーリング材を交換する作業に入っていっています。写真にあるように、ボードは新築時には釘やビスなどで(写真ではボードのグレー色の丸釘頭が見えます)打ち込んで止めていき、そのボードの間にシーリング材が充填されています。

このシーリング材が紫外線や雨水や風などの影響で風化していき、収縮や硬化の現象が現れて隙間が空いてくる原因となります。今回はそのシーリング材を交換するので既存シーリング材を電動カッターなどを使用して全撤去していきます。