倉庫工場塗装2(大阪市)

2012年5月21日 Posted in 外壁 Posted in 工場・倉庫

IMGP2231.JPG

IMGP2233.JPG

足場仮設後に外壁と屋根の高圧洗浄を行なった後にシーリング充填の作業を全員で行なっています。今回はシーリングが新築時にあまり入ってなかったので、その上に充填を行なっていきます。ALC外壁は、規格サイズのものを外壁材として張っていくので、メリットとして早い間違いの少ない施工があるのですが、デメリットとして目地部分がどうしても弱く、この目地部分にシーリング材がやられていたら雨漏りの原因となります。

 

【備考】
ALC本体が雨に染みて内側に雨漏りをするという事はあまりありません。ALC造りからの外壁雨漏りは目地部分がほとんどです。本体から漏れる事もありますが、その場合は相当年数が経っているALCであり、そうなればALC本体から漏れる前に目地部分から先に雨漏りが発生しています。