ALC建物塗装2(大阪市)

2012年11月20日 Posted in 外壁 Posted in 工場・倉庫

IMGP2231.JPG

IMGP2233.JPG

今日はALC塗装で最も大切といっていい下地のシーリング補修を行なっていきます。これは本当に大切なんです。というのは、ALC自体は相当な劣化がなければ中々雨水の浸水はありません。

しかし、ALCの繋ぎ目部分は少しの隙間があって、新築施工時にはその隙間をシーリング材で埋めているのですが経年劣化でそれが傷んできます。

また、この現場は新築施工時にシーリング材の充填が少なかったみたいです。今回はシーリング材の打ち増しでいけると判断しましたので充填を行なっていきます。