タイル&モルタル外壁塗装4(高槻市)

2013年1月17日 Posted in 外壁 Posted in 戸建住宅

現場にて少しトラブルが発生しました。

といのは、内壁をめくってみると、、、、バラ板や柱などが長年水が染みていたらしく、とんでもない事になってまして。写真のとおりです。これがアチコチにあって、目地へ浸透する撥水剤では厳しいという判断になりました。結論からすると、現在は深型タイルなのですが、そのタイル目地を埋めてしまいます。

お客様は深型の溝が好みのようで、タイル目地を埋める事をためらっていらっしゃいましたが、やはり雨漏りを確実に止めるということで目地を埋める決断をされました。懸命な結論だと思います。

この様な雨漏りの原因として2つが考えられ
①下地モルタルが薄い
②深型タイルなので、雨水が無数のあみだクジのように流れながら壁面をつたう様に流れる

と考えられます。

今日、タイル目地を埋めるという方向に変わりましたので、左官の段取りもあり、数日はこちらの現場は休みとなります。来週の半ばに段取りをして再施工に入っていきます。

写真 2013-01-16 12 11 10 (HDR).jpg

2013-01-16 14.34.56.jpg