エレベーターピット防水(大阪市)完工

2013年2月17日 Posted in マンション Posted in その他
 
 

エレベーターを止めての作業ですので、急ピッチで作業を行ないました。今現場はエレベーターが2基あるので片側ずつを止めての作業となりました。

いつも思うことですが、真上に止まっているエレベーターが落ちてこないかと最初はビクビクします(笑)。落ちてくるわけはないんですが、シンドラー社とかのやつで問題になっているエレベーターとかなら、、、、と思ったりもします。

さて、工事の方ですが、水の浸水がある箇所からドバドバとある様な状況ではなく、ジワーと全体的に染みてくるという感じです。特に雨降り後数日はそのような状況になるようです。

ですので、ピット壁面全体にまず止水セメントをコテで塗っていきます。この止水セメントですが色々と種類があり、今現場の症状にあった止水セメントをチョイスしています。

DCIM0387.JPG

20130216_142247.jpg

これが止水セメントを塗った写真となります。だいたい腰上くらいまで塗りこんでいます。これで壁面全体からの染みこんでくるような水漏れをとりあえずシャットアウトします。次はこの止水セメントの止水性を上げるためにコーティングを行なっていきます。

 

DCIM0410.JPG

DCIM0411.JPG

このコーティング剤は防水性も兼ね備えており、強固な密着性を持ったものです。これを専用の下塗り材を塗布してから、トップのコーティング剤を塗布していきます。

こちらを頭くらいの高さまで塗っています。現在、漏水している箇所は腰下からなのですが、頭上までコーティングしておけばより安心だろうという判断です。

これで止水&止水継続性が保たれている作業となります。繰り返しになりますが、漏水している箇所を止水して、止水が長持ちするようにコーティングを行なっています。

地下防水は特殊防水になり、あまり馴染みがないと思います。特殊な材料と止水と継続性を考えて施工しなければいけません。それに、特殊な材料なので大変高価です。コストがかかる分だけしっかりと防水する事が大切です。