ハイツ外壁塗装工事(吹田市)2 シーリング入替え

2014年2月17日 Posted in 外壁 Posted in マンション

漏水防止の目的で、ボード目地のシーリング入替えを行います。打ち増しではなく入れ替えとなります。

既存シーリング材がだいぶ劣化しており、ひび割れ・隙間が空くほどの硬化縮小しています。ですので打ち増しでは十分なシーリング材が充填できないので入替えとなります。

入替えは大変に手間がかかります。何よりも既存シーリング材を撤去する手間が大変かかります。そして、打ち増しより多量のシーリング材を要します。ですので必然とコストアップとなってしまいます。

また注意すべき点が業務用のシーリング材を使用する事です。ホームセンターなどでは売っていないものです。これを専用の撹拌機で撹拌してシーリング材を現場で作ってから専用のシーリングガンに詰めて使用します。

ホームセンター等で売っているパッキングされたものでは性能不足です。確実なシーリング材を使用するのが大切です。シーリング専門店というのがあるくらいですから。

宣伝ですが、弊社では撹拌機をちゃんと所有しております。当然、業務用の2液型のシーリング材を使用します。そして、弊社の職人で直接に入替え・充填を行います。

 

カッター・スピンカッターなどを使って根気よくシール材を剥がしていきます
14-2-13 ハイツ03

これだけの量のシール材が取れます
14-2-13 ハイツ04

マスキングをして新しくシール材を打ちます
14-2-13 ハイツ05

表面の頭張りをしてからマスキングを取ると綺麗に仕上がります
14-2-13 ハイツ06