マンション外壁防水 着工 (大阪市)

2016年1月15日 Posted in 外壁 Posted in マンション

【工事内容】
タイル外壁防水施工
セメント外壁塗装施工

【使用塗材・防水材】
外壁(タイル部):セブンS ST工法 (セブンケミカル)
外壁(コンクリート部):オーデーフレッシュ(日本ペイント)

【説明】
マンション外壁からの雨漏り・漏水のため、一面の防水・塗装を行います。今現場で最も難しいことはタイル面からの漏水が疑われるからです。7階建てのマンションで、6・7階のみタイルで、5階の部屋の天井に雨漏りがありました。ベランダの防水面や6階までのコンクリート外壁面などを色々と考察した結果、どうしてもタイル面が怪しいとなりました。

どうやらタイルの目地から漏水していると判断しています。こちらは2年前から漏水が発生しており、その度に足場仮設を行ったうえでの塗装防水を提案しておりました。

肯定的には、タイル目地埋め→クリア防水(セブンS)という流れになります。このセブンSというのがクリアの防水材となり、特殊防水材となります。簡単に言えば溶剤系樹脂クリアー材となります。ただ、2液型なので扱いが相当に難しく、また、タイル目地を目地セメントで埋めているので中性化するまで約1か月かかります。

今現場は昨年中旬に足場仮設を行っており、目地セメントを埋めて1か月ほど中性化を待っていた状況となります。明日からはクリア防水に入っている段取りとなっております。

クリア防水材のセブンSについては後程詳しくWebページでアナウンスする予定ですのでもうしばらくお待ちください。タイルからの雨漏りにお困りの方には最適な防水材です。

20160120.JPG