倉庫ビル外壁屋根改修工事4 (大阪市)

2016年2月 4日 Posted in 外壁 Posted in 工場・倉庫 Posted in その他

ALC外壁本体の塗装工事もどんどんと段取り良く塗装を進めています。今現場は数カ所の漏水があるようで、それが屋根部からか外壁部からか怪しい部分もあります。外壁面ではやはりALC目地部分が脆弱な個所ですのでウレタン系シール材での充填をしっかり行ってから外壁の塗装を行うことが大切です。

なぜウレタン系シール材とかいうと、シリコン系は上に塗膜がのりません。変性シリコン系なら塗膜がのりますが、ウレタン系の方が、後の柔軟性に優れております。ただし、ウレタン系シール材は基本的に上に塗膜をのせることが前提とあります。ですので充填後に必ず塗装をする事が大切です。ウレタン系シール材の充填作業を確実に施工して、下塗→中塗→上塗と塗装してきます。

DSCF3354.JPG

DSCF3384.JPG

DSCF3381.JPG