倉庫ビル外壁屋根改修工事5 (大阪市)

2016年2月10日 Posted in 屋根 Posted in 工場・倉庫 Posted in その他

外壁面もあと一面を残すだけになったのですが、今現場では陸屋根のウレタン防水も行うので、雨天の影響や乾かす時間等をふまえて先に土間の下地調整/下地補修を行っていってます。

まず、今建物で現在、漏水が発生しています。外壁面と屋根面の両方の疑いがある現状です。外壁面は先行して塗装していますが、陸屋根の土間面に少し問題があります。

というのも、全オーナーさんは漏水にだいぶ苦心されておられたと思います。あちこちに補修の跡があります。しかし、防水シートが浮いている現状となっています。

これではあちこちを補修しても漏水は止まりにくいはずです。根本からやり直さなければいけません。ということで、既存の防水シートをめくる作業を行っています。

この作業、地道ですが相当手間のかかる作業です。それに今回はシートをめくっても以前の防水膜があり、それが相当に劣化してのでケレンも必要となっています。

シートをめくって、下地をケレンして、高圧洗浄で綺麗にできるまでおそらく4日間程度はかかると判断しています。大変な手間作業です。

DSCF3396.JPG

DSCF3399.JPG

DSCF3395.JPG