倉庫ビル外壁屋根改修工事7 (大阪市)

2016年2月25日 Posted in 屋根 Posted in 工場・倉庫 Posted in その他

現在、こちらの建物は下写真の様に雨漏りが発生しています。原因として下の2点があげられます。

  1. 陸屋根防水の効力がきれていて、どこかのひび割れクラック部分からとかでなく全体的に雨漏り漏水をおこしている。
  2. ALC外壁の目地部分からの雨漏り漏水。

現段階の結論として、上記"1”の陸屋根部からではないかと思っています。というのも、以前におそらく雨漏りで困っていたと思われるDIY的な補修跡が陸屋根部においてあちこちと見られるからです。それと、外壁の塗装はすでに完了しているので屋根しかあり得ないというのもあります(当然ALC目地へのシール充填は施工しています)。

2016.2.25 雨漏り写真1

2016.2.25 雨漏り写真2

2016.2.25 雨漏り写真3

 

雨漏りの先を探っていくと、外壁ではなくどうやらやはり陸屋根からです。全ての雨漏りが最上部から発生しています。現在の陸屋根の状態は下地調整段階の旧防水膜の撤去の段階です。その最中に雨が降ってきて写真のように雨漏り漏水が発生したという事です。

とにかく、これで陸屋根が最も怪しいという事になり、雨漏りの仕方から陸屋根が原因と確信を持てました。あとはどのように雨漏り対策の防水を施工するのかがポイントです。シート防水をするのか、ウレタン防水なのか。お客様とコスト等の兼ね合いも考えて決定したいと思います。

2016.2.25 陸屋根現状1

2016.2.25 陸屋根現状2