木部塗装例

mokubutosourei01.gif

mokubutosourei02.gif

住宅の雨戸枠などの再塗装なども行っています。写真にあるような既存塗膜の劣化が激しい箇所はケレンを行って塗装を行うのですが、溶剤系塗料を使用すれば、新塗膜と旧塗膜とで溶解する可能性があるので、弱溶剤系塗料を使用してます。

tosousystem.gif

mokubutosourei01.jpg

mokubutosourei02.jpg

 

 

mokubutosourei03.gif

下の写真は外壁の塗装を行わず、木部周りとベランダパラペットだけを塗装したものです(写真の写り具合で分かりにくいですが)。このように、外壁はまだ劣化が乏しくて、木部だけが傷んでいる場合は、木部周り塗装を行うだけで、ローコストで美観の維持と木部の耐久性をアップできます。

tosousystem.gif

mokubutosourei03.jpg

mokubutosourei04.jpg

mokubutosourei03.gif

日本家屋の離れ客室の塗装となります。大変良い材木を使用されており、日本建築独特の木の目の美しさを残すように塗装を行っています。ここでは、ペンキ塗料ではなく、木材を防腐する専用塗料を使用しています。木目を生かせれる大変優れた防腐剤で、カラーも多数あるので大変おすすめの防腐剤です。指定文化財や史跡等でも使用されています。

tosousystem.gif


mokubutosourei07.jpg

mokubutosourei08.jpg

mokubutosourei04.gif

店舗の内装木部に使用するので、体に害のないOSMOという塗料で塗装しています。この塗料は化学油を使用するのではなく、植物油から作られたものなので体への害がなく安全で、なおかつ浸透性や撥水性に優れたものです。内装の塗装に使用する場合には最適な塗料の1つです。

tosousystem.gif

mokubutosourei09.jpg