外壁塗装(住宅・家)

gaihekijyu.gif

ここでは、住宅や家などの外壁塗装例を紹介していきます。塗装前の写真をのせれるものは載せています。

gaihekijyu02.gif

築年数とクラックが多いため(個人でコーキング補修をされており、その補修跡が多くでています)、ひび割れが入りにくいような塗装システムをプランニングしました。このまま色々な補修を行っても既存コーキング跡がどうしても出てしまうので、下塗りと中塗りの間に、樹脂吹付けという工程を挟んでいます。

tatemonodata.gif
築18年 塗り替え経験なし/大阪府大阪市福島区

tosousystem.gif

gaihekijyu01.jpg

gaihekijyu02.jpg


gaihekijyu03.gif

窯業系サイディングボードにはつきものの、ボード目地部分が経年劣化でかなり傷んでいます。ですので、シーリング交換を行い、艶が長持ちする様な塗装システムをプランニングしてます。

tatemonodata.gif
築16年 塗り替え経験なし/兵庫県尼崎市

tosousystem.gif

gaihekijyu03.jpg


gaihekijyu04.gif

ハウスメーカー初期の頃の住宅の塗り替えとなります。プレハブ住宅と呼ばれたりもします。こちらは、ボードの目地のシーリング交換が必要なのと、鉢巻部分の塗膜が捲れており、密着性の強い塗装が必要でした。また、全体的に汚れが目立ち、丁寧な高圧洗浄も必要でした。外壁以外にも塀の塗装も必要で、塗装後の膨れ防止のために、表側は艶の長続きをするもの、裏側は透湿性に優れたもので塗装を行っています。

tatemonodata.gif
築28年 塗り替え経験有り/大阪府大阪市東淀川区

tosousystem.gif

  • 鉢巻部分:下塗りに密着バインダー使用
  • 鉢巻部分:上塗りに2液性ファインシリコン
  • 下塗り:水性シーラー
  • 中塗り・上塗り:オーデーフレッシュSi100Ⅱ

gaihekijyu04.jpg

gaihekijyu05.jpg

gaihekijyu05-1.jpg


gaihekijyu02.gif

モルタル外壁のモルタル仕上げの住宅になります。塗り替え時期項目でも説明していますが、モルタル仕上げでは防水性能は2年程度しかありません。ですので、出来るだけ上に塗装をしてやる必要があります。写真のとおり、雨汚れとラス汚れが同時におきており、このままではモルタルが浮いてくる可能性もあります。今回、その下地を強固に固めてやるシーラーとクラックが入りにくい塗装システムをプランニングしています。

tatemonodata.gif
築9年 塗り替え経験なし/大阪府寝屋川市

tosousystem.gif

gaihekijyu06.jpg

gaihekijyu07.jpg