" />

会社によって異なる塗装価格

tigai01.gif

見積価格でも会社形態によって大きく異なってくる事があります。悪徳会社は論外ですが、店や会社ごとによって異なる塗装の見積価格も知っておく事が大切です。塗装を行う会社や店を大きく二つ分けると、1.受注した工事を下請けなどに依頼して施工する会社と、2.受注した工事を直接に手がける会社とに分けれます。後者は直請けというシステムで呼ばれます。

この両者の大きな違いは塗装の費用価格にあらわれます。前者の工事を依頼するシステムだと、中間マージンが発生してしまいます。逆に、直請けシステムだと、そういったマージンは発生しないのでコストを抑える事が出来ます。


tsagyou04.gif

塗装工事を行う会社の営業形態の事ですが、受注した工事を直接に自社の職人で行うか、下請け塗装店などへ依頼して行うかの違いがあります。もちろん、前者のほうがコストを抑えれる事が出来るのと、直請けで行うので極め細やかな施工が出来るというメリットもあります。新大阪住設は前者の部類にはいり、当店に在籍している職人やスタッフで塗装工事に取り組んでいます。

tsagyou06.gif

tsagyou05.gif

塗装工事を直接に頼むと、中間マージンを取らないのでコストを低くおさえれる事が出来ます(下記参照)。しかし、本当に大切なのことは塗装の価格が安いから良いのではなく、正常な塗装費用の塗装工事が確実に行われるという事です。いくら塗装代金が安いといっても、安かろう悪かろうでは意味がありません。お客様が望むニーズ(耐久性や美観性など)にしっかりと応えれる塗装プランが正常な価格と価値である事が大切なのです。

例えば総工事費100万円の塗装価格があるとします。もちろん、この中に塗装原価・人件費が含まれています。手抜き工事やボッタクリ工事と呼ばれるものがないのを前提として話をすすめてみます。100万円かかるという概念の元で、その塗装工事を下請けに依頼する会社に発注するか、直請け塗装店に発注するか、どう違うか分かるでしょうか?

下図にしめしているように、下請けに依頼する営業形態の会社の場合は中間マージン15万円として仮定すると、それを引いた金額で下請け塗装店に依頼します。依頼された塗装店は100万かかる工事を85万円でクリアーする事になってきます。こうなるとかなりギリギリのラインになります。

ここで大切なのは、中間マージン15万円という設定ではなく、それ以下であったとしても、下請けに依頼する営業形態の会社に発注すれば、塗装価格に対する価値はお客様が支払う100万円以下の価値になってしまうという事です。 逆の事を言えば、100万円の価値に見合う塗装工事を+αの費用が余分に発生してします事になります。

直請け塗装店を利用するメリットとは、正常なコスト費用(手抜き工事やボッタクリ工事がない価格とします。)を正常な価値で得られるという事になります。直請け塗装店だから塗装の費用が安いという考えだけでなく、塗装価格と塗装価値が正常に釣り合っているという事を知っておいて下さい。

 


tigai02.gif

tigai04.gif営業形態や施工システムがどういったカタチの会社や店であれ、結局最終的には塗装を行うのは職人であり、人が直接行っていきます。いくら紙面上での工事内容と塗装価格に納得しても、それをクリアー出来る会社や店、つまり職人達がいなければ元も子もありません。知識や経験を積んだ職人が集う店や会社が、そこに在籍している職人が最後まで仕上げるのです。

お客様が業者選びをする時、会社や店のネームバリュー・塗装の費用・工程などの内容、直請け店かそうでないか。色々とポイントとなる事があると思います。もちろん、どこに比重を置くかはお客様が自由に選べます。しかし、最後は職人が直接に職人の手によって行われるという事は変わりません。塗装費用や塗装内容だけでなく、それを確実に実践出来る良き職人達に出会えるようにするのも必要な事ではないでしょうか。