見積価格について

mitumori01.gif

塗装工事に限らず、建築工事の見積もり価格は何かと分かりにくい時が多々あります。まず、なぜ商品価格ではなく見積価格なのかをご理解して頂く事が大切です。人には顔形性格が全く同じ人がいないように、家やマンションなど建物にも、建物形状が同じであっても築年数や傷み具合などが全く同じものはないのです。

  • 建物の大きさや形状や条件によって異なる見積価格
  • 塗装面積や補修面積によって変動する単価 

mitumori02.gif

外壁や屋根の塗装の見積価格には最初から価格を提示している事(広告チラシ等は除く)は基本的にはありません。なぜなら塗装費用は、1.塗装面積2.仕様(塗料や工程)3.作業効率性4.現在の劣化具合、これらの合計によって決まるからです。建物の大きさ・形状・条件によってこの4つが異なれば、当然見積価格は変わります。

塗装工事はあらかじめ出来上がった商品を売買するのではなく、施工対象建物に応じて対応するサービス商品の取引形態だと思って頂ければ良いと思います。

よくチラシ等で、"塗装工事一式△○円パック"と広告をうってるのを見かけますが、これではどうしても不公平感が否めなくなります。上記の1~4の要素を正しく細かく算出・積算していくと、公平感のある正常な価格を提示出来る事になります。そういった事から見積価格というものが存在し、各会社や各塗装店によって、その店ごとの単価などから費用が異なる事になります。

tsagyou03.gif

  1. 塗装面積:塗装する面積に比例してコストも上がります。ただし、それに準じて塗装単価は下がるので、急激な右肩上がりなコスト比にはなりません。
  2. 仕様:使用する塗料と工程を含めた塗装プランで費用は当然変わってきます。
  3. 作業効率性:隣接する建物との間が狭くて施工がしにくい、足元が悪くて効率が悪いなど、塗装に関わる作業において、普段どおりの効率が発揮出来ない場合は単価費用があがってきます。
  4. 劣化具合:劣化箇所に応じた補修を行うので、劣化箇所の大きさや数によって補修費がかさむ事になります。



 tsagyou07.gif

各工程・各作業の単価には幅があります。この原因も上記の4つの理由が元になります。特に、施工面積の大小は単価で算出出来ないケースもあります。例えば、100㎡を塗装する工事と、1㎡だけを塗装する工事を比較してみます。こうなると1㎡のみ塗装する方が確実に単価はあがります。

仮に1000円/㎡の単価だったとします。100㎡なら10万円ですが、1㎡なら1千円とはならないのです。なぜなら、その1㎡だけを塗装するにも、塗料代・人件費・交通費が発生してくるからです。それを1千円では行えないのです。

この仮定は施工面積を元にしましたが、作業効率性や、同面積であっても劣化具合によっても単価は変わります。

tsagyou08.gif



tsagyou09.gif

今までご説明してきた事から、建物ごとによって見積価格がどの様に反映されてくるかが分かると思います。単に塗装の費用価格が安いからといって、それは決してベストだとは言えないのです。提示された塗料のグレードや補修具合がどれ程のものかという内容が大切です。その内容と価格がどう釣り合っているかが大きなポイントとなります。

また、外壁塗装工事を行う場合などは特にそうですが、それに伴う付帯工事なるものがあります。樋(とい)・庇(ひさし)・雨戸・他、これらの足場なければ塗装が難しい箇所などは同時に塗装する事が多いです。そういった付帯物の塗装価格も、使用する塗料や劣化具合などで変わってきます。

価格だけでなく、どういった内容の工事かを、それが釣り合っているかを判断することが悔いのない塗装工事につながります。

tsagyou10.gif