塗装工事の単価

tanka01.gif

ここでは、家などの住宅建物における新大阪住設での塗装工事に関わる単価一覧をご紹介します。どの施工工程が必要かどうかは、現場調査の際に確認します。また、こちらの単価表は3階建住宅までの単価として紹介しております。4階建以上の住宅や、マンション・ビルなどの大型建物での単価は異なります。

㎡計算とは、図面や実測で算出した㎡に単価をかける算出方法です。人工計算とは、その作業を行ったときに職人が何人で出来るかで算出する方法です。2人で3日かかるとなれば6人工で、1人で半日ですむとなれば0.5人工となります。新大阪住設では㎡計算が出来ない時に使っています。

  1. 足場仮設
    ・養生メッシュシート
    ・追加項目等
  2. 高圧洗浄
    ・高圧洗浄(水)
    ・高圧洗浄(薬剤)
  3. 下地補修・下地処理
    ・モルタル左官補修
    ・クラック補修
    ・シーリング充填/シーリング交換
    ・他補修
  4. 外壁塗装
    ・下塗り
    ・中塗り/上塗り
    ・他外壁塗装
  5. 屋根塗装
    ・スレート系(カラーベスト・セメント瓦など)
    ・金属系(ガリバリウム・折半)
    ・他屋根塗装
  6. 鉄部塗装
  7. 木部塗装
  8. 諸経費

tanka02.gif

tanka01.jpg1-1 足場仮設
新大阪住設では、単管足場・本丸太足場、どちらの足場でも仮設可能です。ただし、建物や階数によっては単管・ビケ足場でしか不可なものもあります。外壁だけでなく、屋根に足場が必要なケースも足場を組みます。
当店では、実際に足場を架設する㎡数を積算して、その㎡数での価格と単価にしています。


tanka02.jpg1-2 養生メッシュシート
塗料の飛散防止ために、基本的にはメッシュシートを足場全体にかけます。近隣に建物も含めて飛散してはいけないものがないケースは不要ですが、そういった事例は稀です。


1-3 追加項目
玄関入口(特にマンションやビルなど)などの上部に落下物防止の為の羽出し足場や、足場トラックが現場横まで行けずに、足場を手作業で現場まで運搬しなければいけないケースや、近隣との隙間が狭くて足場仮設の作業効率性が悪くなる場合などは単価が上がったり、追加項目として加算されます。

項目 単位 単価 備考
外壁足場仮設 ¥700~ 本丸太・単管、住宅とマンション・ビルでは異なります
屋根足場仮設 ¥700~ 本丸太・単管では異なります
養生メッシュシート ¥120~ 掛け払いの両方を含みます
羽出し足場/昇降階段 箇所 ¥30.000~ 住宅の場合はあまり必要としません
荷運び運搬 要計算 実際の現場によって大きく異なります

tanka03.gif

tanka03.jpg2-1 高圧洗浄(水)
外壁や屋根を高圧洗浄する際には、水道水を使用します。この水道水はお客様負担となります。旧塗膜の劣化が激しい時などは直噴式ノズルでは洗いきれないので、サイクロンノズルを使用します。サイクロンノズル使用時は手間が大変かかるため、直噴式タイプより単価があがります。


tanka04.jpg

2-2 高圧洗浄(薬剤)
主に磁器タイルを洗う場合に使用します。磁器タイルは単に高圧洗浄しただけでは汚れが落ちないので、人の手で直接にタイルに薬剤を塗る手洗いを行います。その後、薬剤と汚れを落とすために高圧洗浄をかけていきます。


項目 単位 単価 備考
高圧洗浄 直噴式 ¥150~ 総㎡数によって大きく変わります
高圧洗浄 サイクロンノズル式 ¥250~ 総㎡数によって大きく変わります
高圧洗浄 薬剤洗い ¥600~ タイルと汚れ方で変わります

tanka04.gif

tanka06.jpg3-1 モルタル左官補修
外壁や天井や軒天など、モルタルで作られている箇所が浮いていたり、欠落していたりする箇所はモルタルを使用して左官補修を行います。㎡数や箇所によって単価は変わってきます。また、欠落寸前箇所などは、除去費用と廃棄代もかかります。


tanka07.jpg3-2 クラック補修
基本的には塗装を行う(塗膜をかける)という前提のウレタン系コーキング材を充填する補修になります。こちらは㎡計算や箇所単価では算出出来ない事が多いので、人工計算となります。また、V字カットを行う必要がある場合は別途加算となります。


tanka05.jpg3-3 シーリング充填/シーリング交換
ALCやタイルの目地・開口部枠などで、あまり劣化が見受けられない箇所は充填を、ある一定以上の劣化が見受けられる場合は交換となります。交換の際は、除去費用+廃棄代+充填費用の3つがかかります。


3-4 他補修
上記以外でも、腐食した木部交換や樋交換などの大工補修、腐食した鉄部交換などの溶接補修、などの補修費や、エアコンパイプ交換や補修などはそれぞれ大きさや補修具合などによって㎡算出・人工計算・箇所計算などで単価計算していきます。

 

項目 単位 単価 備考
モルタル左官補修 ¥2.300~ モルタルを塗るだけの単価 下塗か仕上げ塗りで変動
¥23.000~ 材料費別途 既存モルタル撤去可
クラック補修 ¥23.000~ 材料費別途 V字カット可
シーリング充填 ¥500~ 使用材料によって大幅な単価増あり
シーリング交換 ¥1.100~ 既存シーリング撤去費込み
大工補修 ¥23.000~ 材料費別途
溶接補修 箇所 ¥30.000~ 使用材料形状によって変わります
廃棄代 量によって変わります 補修によって出る既存塗膜やゴミ代

 

tanka05.gif

tanka06.jpg4-1 下塗り
下塗りにも様々種類があります。シーラー・フィラー・プライマー・バインダーと呼ばれるものです。基本的にはこれらをローラーと刷毛で塗装します。上塗り塗料にどれを用いるかで下塗り材が決まります。


tanka10.jpg4-2 中塗り・上塗り
中塗り→上塗りと同じ塗料で塗装していきます。一般的にはアクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系・セラミック粒子入り(低汚染型)などがよく使用されています。耐久性や耐候性に応じて単価はあがります。


tanka08.jpgtanka09.jpg4-3 他外壁塗装
石材調セラミック吹付け、高意匠塗装、タイルクリアー塗装など、一風変わった外壁塗装となります。工程が複雑だったり、手間がかかったり、専門技術などが必要になる為に単価は高めとなっています。

項目 単位 単価 備考
下塗り シーラー ¥550~ 浸透性タイプ
微弾性フィラー ¥600~ 波形模様をつけるケースは +¥300
プライマー ¥800~ スチールサイディング塗装用
バインダー ¥1.100~ タイル塗装用
中塗り
上塗り
リシン ¥1.400~ 2度吹付け
スタッコ ¥1.600~ 2度吹付け ヘッド押さえは +¥400
水性ウレタン ¥1.500~ 2度塗り 厚付タイプが人気
2液ウレタン ¥1.600~ 2度塗り 住宅にはあまり使用されない
水性シリコン ¥1.800~ 2度塗り 1番人気
2液シリコン ¥2.300~ 2度塗り 高耐久
セラミック粒子入りシリコン ¥2.000~ 2度塗り 低汚染性
フッ素 ¥3.000~ 2度塗り 高長耐久
他塗装 石材調セラミック ¥4.500~ 4工程 専用吹付けシステム
高意匠性塗装 ¥1.200~¥3.000 模様によって単価は様々
親水性光触媒(ハイドロテクト) ¥3.900~ 2度塗り後にトップコート塗装
磁器タイル塗装 ¥2.200~ 専用バインダー必要
遮熱塗装 ¥2.000~ 素地によっては不可

tanka06.gif


tanka11.jpg5-1 スレート系屋根塗装
カラーベストやセメント瓦などになります。カラーベストはローラーで塗装出来ますが、セメント瓦はその形状からハケのみでの塗装となります。手間がかかる分だけ単価は上がります。メーカー指定の塗装工程から下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りの単価になります。


tanka12.jpg5-2 金属系屋根塗装
ガリバリウム(瓦棒)・折半などのスチール系屋根の塗装です。下塗りに何を使うかは現場調査で判断します。折半屋根は、その凹凸形状から㎡数×2として計算します。


tanka13.jpg5-3 他屋根塗装
陸屋根などのウレタン防水になります。水性ウレタンと2液ウレタンがありますが、塗布出来るかどうかがあります。また、平面㎡だけでなく、立ち上がり㎡も合計しての総㎡として計算します。

 


項目 単位 単価 備考
スレート系 下塗り 水性シーラー ¥500~ 浸透性タイプ
2液シーラー ¥600~ 浸透性タイプ
遮熱シーラー ¥750~ 上塗りに遮熱塗料使用
中塗り
上塗り
水性シリコン ¥1.300~ 2度塗り 一般的によく使用されている
2液シリコン ¥1.600~ 2度塗り
遮熱シリコン ¥1.800~ 1液タイプと2液タイプ有り
縁切り ¥300~ タスペーサーを使用するケース
刷毛(ハケ)塗り +¥600~ 刷毛のみで塗装するケースは加算
金属系 下塗り 1液エポキシ系 ¥600~  
2液エポキシ系 ¥800~ 旧塗膜との兼ね合い有り
上塗り 1液ウレタン系 ¥700~ コストパフォーマンス良
2液ウレタン系 ¥800~ 硬化剤を入れての使用
2液シリコン系 ¥900~ 高耐久
2液フッ素 ¥1.100~ 超高耐久
ケレン 1種・2種・3種 ¥300~ ケレン等級によって大きく変わる
他塗装 陸屋根ウレタン防水 2液ウレタン材 ¥2.500~ 4工程 ローラー使用
2液ウレタン材 ¥3.800~ 3工程 左官コテ使用

p> tanka07.gif

 

tanka14.jpg6 鉄部塗装  7 木部塗装
家などの付帯物(面格子・庇・雨戸・手摺など)や、倉庫工場H鋼など、様々な鉄部分の塗装です。基本的には錆止め塗装後にトップ塗装となります。

こういった箇所は正確な㎡計算が出来ないので、人工計算となる事が多いです。使用する塗料によって単価は大きく変わってきます。

 

項目 単位 単価 備考
鉄部塗装
木部塗装
下塗り
上塗り
¥23.000~ 塗料代別途 ケレン込み

tanka08.gif

塗装工事に関わる事で、色々な経費がかかる事があります。実際は現場調査時に何がどれ位いるかを把握していきます。

項目 単位 単価 備考
道路使用許可書申請費 ¥10..000~ 大型建物は必要 図面代込み
道路専有許可書申請費 ¥10.000~ 大型建物は必要 図面代込み
廃棄物処理費 ¥20.000~ トラックが必要な時は運搬費含む
安全管理費 5 請負契約金額の5%
出張費 ¥0

ただし、宿泊費・交通費は別途必要

赤外線調査費 ¥10.000~ 詳しくは赤外線調査を参照