下地調整の色々な方法

tosounaiyou01.gif

塗装前に行う大切な作業である下地調整にも色々あります。それらを外壁・屋根・鉄部・木部と区別分けして詳しく説明していきます。

tosounaiyou03.gif

  1. コーキング・シーリング充填補修
  2. 左官モルタル補修
  3. エポキシ樹脂注入補修
  4. シーリング材交換補修

1.コーキング・シーリング充填補修
主にクラックや他の隙間などを詰める為に用います。外壁部にはウレタン材のものが適しています。ただし、ウレタン材はそのままではブリード現象がおこったり、紫外線に弱いなどの弱点があるので、必ず塗装して塗膜をかぶせる事が必要です。また、構造クラックと呼ばれる0.3mm以上のクラックで深い部分まで達しているところは、その深部までシーリング材が達するように巾を広げるV字カットという作業も必要となります。

tosounaiyou02.jpgtosounaiyou03.jpgtosounaiyou04.jpg

2.左官モルタル補修
モルタル外壁の浮き・欠落箇所などをモルタルで埋める補修となります。単に埋めるだけでなく、モルタルを塗った箇所が落ちないようにする為に下塗りとして密着バインダーを塗布したり、モルタルを強固にする強固剤を入れたりして、工夫してモルタル補修を行っていきます。また、こちらのモルタル左官補修も綺麗に平らに仕上げなければ仕上げに凹凸ができて綺麗に仕上がらないので注意が必要です。

tosounaiyou05.jpgtosounaiyou06.jpgtosounaiyou07.jpg

3.エポキシ樹脂注入補修
モルタル壁やタイルやコンクリートの建物によく起こる現象ですが、経年劣化により外壁が浮いてくる時があります。理由は様々考えれます。モルタル壁の場合は小さな揺れでモルタルが浮いた、タイルやコンクリートの場合は躯体の鉄鋼が錆びて体積が増して外壁を押し出す力が加わったなどです。いずれにせよ、そのままでは欠落のおそれがあるので、その空洞化している箇所へエポキシ樹脂剤を注入する補修をしなければいけません。注入する箇所をマーキングしてから穴をあけてピンを打ち込んで注入するという方法になります。

tosounaiyou08.jpgtosounaiyou09.jpgtosounaiyou10.jpg


4.シーリング材交換補修
タイル目地やサイディングボード目地、窓枠周りのシーリングなど、これらは確実に経年劣化で傷んでいます。紫外線や雨水などの影響で硬化がおこり、シーリング材が縮んでいます。それを交換する作業となります。充填後に塗装による塗膜をかけるかかけないかで、使用するシーリング材は異なってきます。タイル目地などには、熱や水に強いとされる編成シリコンシーリング材やシリコンシーリング材を用い、サイディングボードや窓枠周りは充填後に塗装を行うのでウレタン系を用いる事が多いです。もし、この補修を行わない塗装計画ならば、完工後にかならず交換していないシーリング部分に隙間があいてきます。

tosounaiyou11.jpgtosounaiyou12.jpgtosounaiyou13.jpg



sitaji01.gif

屋根の補修方法は、その屋根の材質によって異なってきます。カラーベストやセメント瓦なおどのクラック(ひび割れ)にはウレタンコーキング材での補修を、スチール系なら劣化している旧塗膜をケレンします。

  1. ウレタンコーキング充填補修
  2. 錆びとりケレン作業

1.ウレタンコーキング充填補修
カラーベストやセメント瓦などで、表面上にクラックが入っている時があります。そんな時はウレタンコーキング材を充填します。間違えてはいけないのは、シリコンコーキング材を使用してはいけません。シリコン材は水を弾く性質があるので、その上に塗装しても塗膜がのりにくく、剥がれてきたり捲れてくるからです。

2.錆びとりケレン作業
スチール系の屋根の場合、ほぼ必ず旧塗膜が劣化していて、大なり小なり捲れている事が多いです。そういった劣化した塗膜をケレンする事が大切です。ケレンに使用する道具も様々あり、劣化具合に応じて使用します。

sitaji01.jpgsitaji02.jpgsitaji02.gif

 ※カラーベストやセメント瓦のひび割れがあまりにも多すぎる場合は、いくら補修を行って塗装しても耐久性に乏しい時もあります。そうなると屋根の葺替えとなり、大変費用がかかってきます。また、スチール屋根も穴が空きすぎている場合は塗装が出来ない時があります。屋根は日光や雨が直接あたる厳しい条件にさらされています。こまめに点検・メンテナンスを行いましょう。



tosounaiyou14.gif

鉄はどうしても経年劣化で錆が発生してきます。近年の酸性雨の影響も拍車をかけています。この錆を放っておくと鉄を腐食し、最終的には穴があいてしまいます。また、穴があいてなかったとしても、相当錆が進んでいたら、その錆をとるケレン作業の時に錆を取ったら穴があいてしまったという事も少なくありません。穴があいてしまえば溶接補修しかなくなるので、塗装以外の補修コストが上がることにつながるので要注意です。

sitaji03.gif

鉄部を塗装する際には必ず、ケレン→錆止め塗装→上塗り塗装と行うことが必要です。単なるペンキを塗装するだけでは錆を止める効能はありませんし、錆止め塗装だけなら日光の紫外線や雨などに弱く耐久性がよくありません。

sitaji04.jpgsitaji05.jpgsitaji03.jpg

tosounaiyou16.gif

木は、それ自体がどうしても水を吸ってしまう性質があります。雨天の時に雨水を吸って、晴天の日に乾く。その繰り返しが木部を最も傷める要因です。ですので、木部には必ず何らかの保護膜が必要となります。保護膜としてどの塗料を選ぶかが木部の塗装の最大のポイントですが、もちろん下地調整をしっかりとしてやらなければいけません。木部の塗装前の下地調整としては、ケレンと洗いがあります。

  1. 木部ケレン
  2. 木部洗い

1.木部ケレン
木も経年劣化で傷みを受けています。初期の症状としては、旧塗膜のささくれの様なものが表面に出てきたり、塗装をしていない木部の場合は、木そのものが乾燥しきってきます。この段階なら塗装が可能ですが、木が腐ってきたりすると大工補修を行ってからの塗装となります。

2.木部洗い
木材も性質として、水や空気を吸ったりはいたりする性質があります。その性質上、汚れたり、アクがでたりしてきます。ペンキなどの木目や表面を全く出さなくしてしまう塗料ならいいですが、木の持つ木目や色合いの美しさをいかすクリアーに近いニスやオイルステンなどの塗料の場合は、木部洗いを行って汚れやアクを取ってやらなければいけません。

sitaji06.jpgsitaji07.jpgsitaji08.jpg