塗装作業

tsagyou00.gif

下地調整が終わると、やっと塗装工事のメインである塗装作業に移っていきます。この塗装作業は仕上がりに直接に影響するので最新の注意を払って行っていかなければなりません。また、塗装作業前に重要な作業がまだ残っており、それが養生・マスキング作業と呼ばれるものです。

  • 養生・マスキング作業
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • 鉄部塗装
  • 木部塗装

tsagyou01.gif

まず、塗装を行う前に汚れてはいけない箇所の養生・マスキング作業を行っていきます。実は、この作業は細かい技術を要求されます。綺麗に養生しないと塗装後にあちこちに塗料がついて掃除が大変面倒なものになります。

tsagyou01.jpgtsagyou02.jpgtsagyou03.jpg

 

tsagyou02.gif

外壁を塗装する時の基本的な工程は、"下塗り→中塗り→上塗り"と行っていくのが普通です。この下塗りに使用する塗料には、シーラー・フィラー・プライマー・バインダーと大きく分けて4種類のものがあります。中塗りと上塗りは基本的に同塗料で塗装していきます。その使用する塗料と、塗装する素地によって下塗りが指定されているので、その指定下塗り塗料を塗布してきます。

  1. 下塗り (使用する上塗材によって決まります)
  2. 中塗り (基本的には上塗りと同じものを使用します)
  3. 上塗り (お客様が選ぶ塗料となります)

シーラー:素地に吸い込ませるかたちで、中塗り上塗り塗料との密着性を高めるのを主にしています。吸い込ませて密着性がある事からモルタル素地に適しています。
フィラー:下地の表面の凸凹差やピンホールとよばれる小さな穴を塞いだりするのを主にしてます。塗替え時など、既存塗膜がある時などに使用します。
プライマー:シーラーと同様に密着性を高めるものですが、シーラーの様に吸い込ませるタイプではありません。金属に塗装する前に使用することが多く、錆止め塗料もこの部類に入ります。
バインダー:シーラーは吸い込ませるのに対し、吸込みが少ない素地の場合に密着性を持たせる時に使用します。タイル外壁などのほとんど吸い込みのない素地に使用します。

1.下塗り
お客様が選ぶ塗料によって下塗り材は決まります。塗料のカタログに記載しているので確認する事が出来ます。もし、間違えた下塗り材を使用すると、仕上がり後に剥がれや捲れが生じてきますので注意が必要です。そういった問題に加えて、下地との兼ね合いもあるので、知識のある施工店の方にお任せした方が無難でしょう。下写真(左・中)で使用しているものはフィラーになります。

tsagyou04.jpgtsagyou05.jpgtsagyou06.jpg

 

2.中塗り
お客様が選ばれた塗料をローラーや刷毛を用いて塗装していきます。中塗りで注意しなければならないのは(下塗り時も同じ事が言えますが)、外壁と養生したナイロンの取り合いを丁寧に刷毛で塗装することです。塗料をたくさんのせすぎるとナイロン内部まで入り込んでしまいます。そうなると後々の清掃が大変です。少なすぎても仕上がりに影響してくるので、気を使った作業が求められます。

tsagyou07.jpgtsagyou08.jpgtsagyou09.jpg

 

3.上塗り
最も肝心な上塗りの塗装です。ここで失敗してしまったら今までの苦労がゼロになります。当然、仕上がりに直接に影響するので細心の注意を払って塗装します。塗装した厚みが均一になっているか、ピンホールと呼ばれる小さな穴があいてないか、ムラになっていないか、立ち位置から塗っては確認するという細かな作業を繰り返しながら塗装していきます。

tsagyou10.jpgtsagyou11.jpgtsagyou12.jpg